節約!お得!ガソリンカードを徹底比較

HOME>ポイント還元率

ポイント還元率

ポイント還元率という言葉を当サイトでは頻繁に使用していますが、聞き慣れない、意味が分からないという方も大勢おられると思います。ポイント還元率は、クレジットカードやガソリンカードを選ぶ際の重要指標の一つですので、しっかり理解されることをお勧めします。

ポイント還元率とは、カード利用額に対して付与されるポイント数を円換算したもののカード利用額に対する比率を言います。1,000円利用で1ポイント。1ポイント=5円ならポイント還元率0.5%。1,000円利用で5ポイント。1ポイント=1円なら同じくポイント還元率は0.5%になります。

上記の場合、1,000円利用した場合に付与されるポイント数が異なりますが、付与されたポイント数を円換算してカード利用額1,000円に対しての比率(ポイント還元率)を算出すれば、どちらがより多く還元してくれるカードかを判断することが可能になります。

ポイント還元率は高ければ高い方がいい

ポイント還元率が高ければ高いほど、ポイント還元額も多くなるので、ポイント還元率が高いほどユーザーにとっては好ましいと言えます。同じ1,000円を利用した場合で、5円相当のポイントしか還元されないのと10円相当のポイントが還元されるのとでは、どちらがいいかは明らかです。

ただ、言うまでもありませんが、単にポイント還元率が高ければいいというわけではありません。いくらポイント還元率が高くても、年会費が有料で、しかも年会費の額が高ければ、ポイント還元率の良さをカード年会費が打ち消してしまうからです。

また、その一方で、年会費が有料でも、ポイント還元率の高さでカバーできる場合もあります。例えば、私が利用しているリクルートカードプラス。新規募集は行っていませんが、年会費が税込2,200円でポイント還元率が何と2.0%。

このカードの場合、わずか11万円のカード利用で年会費の元が取れてしまい、その後は、高還元率のメリットだけを存分に享受できるのです。特にカード利用額が多い方は、年会費が掛かるというだけの理由で、還元率の高いカードを候補から外すということはしない方がいいと思います。