節約!お得!ガソリンカードを徹底比較

HOME>知らなきゃ損するENEOS給油法

知らなきゃ損するENEOS給油法

ENEOS利用者必見のENEOS攻略法です。攻略法と言ってしまうと分かりにくいかもしれませんが、要するにベーシックな給油法から裏技的な給油法まであらゆる給油法を探ります。紹介する給油法は複数ありますので、お好きな方法をお試し頂ければと思います。

ENEOS攻略法一覧

現在紹介しているENEOSでの給油法一覧です。シンプルで効果が高い楽天カードで給油する方法がおすすめです。

給油法 1L(150円)当たりの節約額
①ENEOSカード CARD S⇒ 2円+店頭値引
ENEOSカード CARD Pで給油⇒月1回でも給油するなら(3%ポイント還元+店頭値引) 4.5円+店頭値引
クレカ・nanaco・クオカード・Tカードを利用したポイント三重取り⇒用意するものが多いが節約効果も比較的高い 4.905円~5.025円
高還元クレカ・Tカードでポイント二重取り⇒Tポイントを貯めている人に 2.21円~2.565円
楽天カードで給油⇒シンプルなのに効果絶大(1.5%ポイント還元) 2.25円

①ENEOSカード CARD S

ENEOSで給油する方なら絶対におさえておきたいのがENEOSカード CARD S。ENEOSでの給油に利用すると1リットル当たり2円引き(カード請求時)に加えて、各店で実施している会員値引きも受けられ

①高還元クレカ+nanaco+クオカード+Tカード

登場するカードが多いので混乱してしまう方もおられるでしょうが、覚えてしまえば簡単です。節約効果も比較的高いです。

準備するもの

準備するもの 説明
クレカ 還元率が高くnanacoチャージでポイントが付くカード。
nanaco nanacoモバイルなら無料ダウンロード可能。nanacoカードは300円。8の付く日ならイトーヨーカドーで無料入手可能。
クオカード nanaco払いでセブンイレブンで購入。180円分のプレミアムが付くため10,180円分給油できます!
Tカード ENEOSその他Tポイント加盟店で無料入手可能。

手順とお得額

準備が整ったら手順に従ってENEOSで給油します。ここでは、nanacoチャージ用クレジットカードを年会費無料のリクルートカードとします。

手順 お得額
リクルートカードからnanacoに1万円チャージ。 120円
nanacoを使ってセブンイレブンでクオカード1万円分(180円分のプレミアム付き)買う。 180円
クオカードでENEOSで給油。その際にTカードを提示し、Tポイントをもらいます。税抜200円に付き1Tポイント。 47円
お得額合計 347円

手順と節約額はざっとこんな感じですが、自分の財布から出て行くお金は最初にnanacoにチャージした1万円だけですので、1万円の出費に対して347円の戻りがあることを意味します。還元率にすると3.47%。1リットル当たりの節約額という形で表わすと、1リットル(150円の場合)当たり5.205円の節約ということになります。手間が多少掛かりますが、節約効果はなかなかのものと思います。

なお、お得額は使用するクレジットカードの還元率によって変わること、この方法はENEOSプリカが使用できない店舗では実践できない点にご注意下さい。

nanacoチャージ用カード

この方法で利用するクレジットカードは、nanacoチャージが可能でポイント還元があることが第一条件で、ポイント還元率が高いほどお得度が高く理想です。ここでは、年会費無料で還元率が高いものをピックアップしました。

※nanacoチャージでポイント還元があるクレジットカードが年々減っています。リクルートカードの場合は、月間3万円迄がポイント付与の上限になっています。

カード名 還元率 1L当たりのお得額※150円/Lの場合
リクルートカード 1.2% 5.205円

②高還元クレカ+Tカード

1つ目の方法より準備するものが少なく、若干シンプルな方法です。特にTポイントを貯めている方におすすめです。

準備するもの

準備するもの 説明
クレカ 還元率の高いカードがベストですが、高還元なら何でもいい訳ではない。
Tカード ENEOSなどTポイント加盟店で無料入手可能。

※ENEOSカードや楽天カードのように、Tカードとの併用(クレジット払いの際にTカードを提示してポイントを付けてもらうこと)が駄目なクレジットカードは対象外です。

手順

クレジット払いで給油し、TカードにTポイントを付けてもらうだけ。①クレジット払いによるポイントと②Tポイントの二重取りです。1つ目に紹介した方法から、クオカードのプレミアム分180円をマイナスした分がお得額になります。どの程度お得になるか、おすすめの高還元クレジットカードと共に見てみましょう。年会費は全て無料です。

カード名 還元率 1L当たりのお得額
150円/Lの場合
REX CARD 1.25% 2.565円
リクルートカード 1.2% 2.49円

③楽天カード

年会費永年無料の楽天カードは、普通にクレジット払いするだけなのに効果は絶大。ENEOSで利用するとポイント2倍(還元率2.0%)に加えて、店頭値引き(リッター2円引き前後)が受けられます。裏技でも何でもありませんが、シンプルな方法でありながらお得度が高くおすすめです。

サイト管理人自身、色々考えはするものの、結局は楽天カードで給油しています。近所のGSでは会員3円引きなのでガソリン価格がリッター150円の時は1リットル当たり6円相当得しています。

カード名 還元率 1L当たりのお得額
150円/Lの場合
楽天カード 1.0% 3円+店頭値引

④ENEOSカード CARD Pで給油

最低でも月1回はENEOSで給油しているなら本家ENEOSカード CARD Pもおすすめ。

年会費が税込1,375円(初年度無料)掛かりますが、ENEOSで利用すると1,000円毎に30ポイント付与(還元率3.0%)されますので年会費回収もそう難しくはありません。

約300リットルの給油(リッター150円想定/店頭値引を考慮せず)で年会費の元が取れますし、500リットル給油で年会費分を考慮した実質還元率が1.25%を超えてきます(表参照)。

年間給油量/月平均
※ENEOSでの給油
実質還元率
年会費分を考慮
150円/L想定
300L/25L 0%
400L/33L 0.81%
500L/42L 1.25%
600L/50L 1.54%
700L/58L 1.75%

しかも、他の一般カードと異なり、店頭値引(リッター2円引き前後)がこれに加わりますので、お得度はさらにパワーアップします。

なお、年会費を回避したいという場合は、リッター2円引き特典(請求時値引き)が付いたENEOSカード CARD Sという選択肢もあります。

カード名 年会費 還元率 1L当たりのお得額※150円/Lの場合
ENEOSカード CARD P 税込1,375円
初年度無料
0.6% 4.5円