節約!お得!ガソリンカードを徹底比較

HOME>ENEOSカード

ENEOSカード実質無料のSと3%還元のPがおすすめ

ENEOSカード S
ENEOSカード P
ENEOSカード C

ENEOSの店舗数は二位以下を圧倒的大差で引き離すダントツの一位。至るところに店舗があり、使い勝手の良さは折り紙付き。ENEOSで給油する機会が多いという方も少なくないと思いますが、そんなドライバーにとって注目すべきはENEOSカード。

本家カードということもあってお得度も抜群。

三種類ありますが、中でもという方にとって絶対と言っても過言ではないのが本家カードであるENEOSカード。特にENEOSカード CARD Sは必須とも言えるという方は少なくないと思いますが、ENEOSの本家カードであるENEOSカードがあれば、給油の際に値引きその他でメリットが得られる可能性はグンと高まることは

ガソリン代の支払いにメリットを有するのはもちろんですが、標準装備されたロードサービスやカーコンビニ倶楽部によるメンテナンス料金割引サービスなど車関連の魅力あるサービスも見逃せません。特に年会費実質無料(CARD Sの場合)で持てるカードで、ロードサービス付きのカードは、滅多にお目にかかれませんので、その意味では大変貴重と言えるでしょう。

カードの種類は、CARD S、CARD P、CARD Cの三種類。年会費の違いと、給油での支払いに利用した際の還元方式がそれぞれ異なっており、好みに応じたカード選択ができます。

比較表

年会費無料条件の有無とガソリン代還元方式の違いが要チェックです。

CARD S CARD P CARD C
特徴 年会費実質無料で値引とロードサービスはお得。 月40L以上給油する方に。給油時3%還元。 最高7円引き/L。高値引きを狙いたい方に。
年会費 税込1,375円 初年度無料
年会費無料条件 年1回のカード利用 なし
還元 一般加盟店利用 1000円=6p
※0.6%還元
値引単価計算に使用
給油時
※ENEOS
2円/L引き 1,000円=30p 最大7円/L引き
給油以外
※ENEOS
1000円=20p 値引単価計算に使用
ロードサービス 8,000もの拠点を有する24時間365日対応のロードサービス
メンテナンス料金割引 カーコンビニ倶楽部での修理費用を5%割引
レンタカー優待 オリックスレンタカー、レンタカージャパレン、エックスレンタカーが10%割引
ショッピング保険 年間最大100万円

CARD Cの値引き特典(カード利用額に応じて最大7円/L引き)

CARD Cは少々複雑なので補足します。CARD Cの場合は、2ヶ月前の月間カード利用額に応じて、リッター当たりの値引き単価が決定される仕組みになっています(表をご参照下さい)。

月間カード利用額 値引き単価
7万円以上 7円/L引き
5万円以上7万円未満 5円/L引き
2万円以上5万円未満 4円/L引き
1万円以上2万円未満 2円/L引き
1万円未満 1円/L引き

カード入会後の最初の2ヶ月については、無条件にリッター2円引きが適用。決定された値引き単価の適用は最大150リットルが上限になります。灯油は常にリッター1円引き。

毎月のカード利用額によって値引き単価が左右されますので、ある程度のカード利用額がある方にお勧めです。

カード基本情報

カード名称 ENEOSカード
年会費 税込1,375円(初年度無料)
CARD Sは、年1回のカード利用があれば、次年度の年会費が無料になります。
国際ブランド VISA,JCB
カード発行 最短5営業日
申込資格 18歳以上で本人に安定継続収入がある方(高校生を除く)
発行会社 トヨタファイナンス株式会社
関連ページ