節約!お得!ガソリンカードを徹底比較

HOME>ガソリンカードの分類

ガソリンカードの分類

ガソリンカードはいくつかに分類できますが、分類がしっかり頭に入っていると、個々のカードを見ていく際の助けにります。なお、必ずしも以下に該当しない場合もありますので、例外もあることも念頭に置きつつ参考までにお読み頂ければと思います。

値引き方式で分類

定額値引きタイプ(固定型)

石油元売会社の系列カードに見られるタイプで、1リットル当たりの値引き単価が固定されており、給油量に応じて値引きされます。業界標準はリッター2円引き。カード発行元の系列スタンドで給油し、カード払いした場合に値引きされます。

値引きは、カード請求時にマイナス処理する形で毎月行われるため、単純で分かりやすく、早期に恩恵が受けられるのが特徴です。代表的なものに、出光カードまいどプラスENEOSカード CARD Sなどがあります。

定額値引きタイプ(毎月変動型)

カード利用額によっては、高額の値引き単価が実現する可能性を秘めている点で魅力があります。

月間カード利用額 値引き単価
7万円以上 7円/L引き
5万円以上7万円未満 5円/L引き
2万円以上5万円未満 4円/L引き
1万円以上2万円未満 2円/L引き
1万円未満 1円/L引き

この表は、ENEOSカード CARD Cの値引きテーブルですが、1ヶ月間のカード利用額の総額に応じて、値引き単価が決定され、1ヶ月間適用される仕組みになっており、最大でリッター7円引きという高額値引きも実現可能です。

定率値引きタイプ(キャッシュバック)

一つ前で説明しました『定額値引きタイプ(毎月変動型)』とかなり似ています。定額値引きは1リットル当たりの値引き単価が、月間カード利用額によって変動するのに対して、定率タイプは、月間のカード利用額に応じて、値引き率(キャッシュバック率)が変動します。

この値引率を値引き対象となる支払い(ガソリン代など)に乗じることで値引き額(キャッシュバック額)が算出されます。このタイプのカードには、JCBドライバーズプラスのようにカード利用額によっては、とんでもない率の値引き率(キャッシュバック率)が実現することもあります。

ポイント還元優遇タイプ

ポイント還元優遇タイプのガソリンカードは、石油元売会社の系列カードの一部に見られ、系列スタンドで給油した際にポイント付与が優遇されるというメリットがあります。ENEOSカード CARD Pなどのように、1,000円毎に30ポイント(還元率3%)という破格の待遇をしてくれるケースもあります。

発行元で分類

石油元売会社の系列カード

石油元売会社が関連のカード会社、あるいは一般のカード会社と提携して発行しているカードを言います。一般的には、運営するガソリンスタンドのブランド名・サービス名を冠したカードを発行しています。出光カードまいどプラスENEOSカードなどが該当します。

元売会社の系列カードの特徴としては、系列スタンドで利用した際の特典・サービスが付いているケースが多く、逆に他社ブランドのガソリンスタンドで使用した場合には特段のサービスが付されていないのが普通です。

もちろん例外もあり、元売系カードのシェルビジネスカードなどは、自社ブランドのガソリンスタンドで給油した方がより有利な形で値引き(キャッシュバック)がなされますが、他社ブランドのお店を利用した場合でも、一定の値引きが受けられるという例外的なものもあります。

独立系カード

独立系カードとは、当サイト管理人が命名したものなので、一般的にそのように呼ばれているかは不明ですが、元売会社の系列カードと区別するためにそのように呼んでいます。

JCBドライバーズプラスなどが典型ですが、カード会社が独自発行しており、特定ブランドのガソリンスタンドとの結びつきは基本的にはありません。そのため、ガソリンスタンドのブランドを問わず、どこで使っても同様に恩恵を受けられるという利便性があります。

ただし、上記説明から外れるケースもあり、例えば、NTTグループカードは、独立系カードの括りに入りますが、出光SSで利用した時のみ値引きを受けることが可能となっています。